〒710-0833 岡山県倉敷市西中新田621-4(倉敷駅車10分、倉敷市役所すぐ / 駐車場あり)

受付時間
9:30〜19:30
定休日:木曜・日曜

お気軽にお問合せ・ご相談ください

086-238-9862

オスグッドシュラッター病

オスグッドシュラッター病の症状

  • 膝のお皿の下あたりが出っぱっている
  • 膝のお皿の下が痛む
  • 膝のお皿の下が赤くなっている
  • スポーツを始めると膝が痛くなる

発育期のスポーツをしている方に起こりやすいです。

脛骨結節という膝のお皿の下の骨が徐々に突出してきます。腫れたり、熱を持ったりすることもあります。

オスグッドシュラッター病の原因

  • ジャンプやボールを蹴るスポーツのやりすぎ
  • 大腿直筋の柔軟性低下
  • ハムストリングスが使えていない
  • 間違ったストレッチを続けている

太ももの前の筋肉である大腿四頭筋は、膝のお皿(膝蓋骨)を経由して脛骨粗面という場所にくっついています。

10~15歳の頃はまだ骨が完全に出来上がっていません。その状態で大腿四頭筋に負担がかかると、膝蓋腱を過度に引っぱってしまい、骨がはがれてしまいます。

当院での治療方法

当院には、超音波治療と電気治療を同時に受けられるコンビネーション治療器というものがあります。

【症状が強いとき】

・超音波治療:非温熱作用(ミクロマッサージ作用)によって、炎症物質を抑制し痛みを減らしたり、細胞の治癒を促すことができます。

・電気治療:ハイボルテージやマイクロカレントを用いて、痛みを抑えたり、組織の修復を早めたりすることができきます。

【症状が落ち着いてきたとき】

・超音波治療:温熱作用によって血流を良くし、組織を柔らかくします。

・電気治療:電気刺激によって筋肉を動かし、筋力を強くします。

・大腿直筋(太もも前面)の硬さ→ストレッチ、筋マッサージ

・膝蓋骨(お皿)の可動性

・膝のねじれをチェック

・後方体重(猫背など)→姿勢矯正

・足関節のねじれ

これらをチェックし、問題があるところを施術します。

・膝まわりを保護するテーピングをすることもあります。

・正しいセルフストレッチの指導:膝を完全に曲げて行うストレッチは、脛骨粗面をより引っぱることになるため、治療が遅れてしまうことがあります。患者さまの状態に合ったストレッチを指導いたします。

・ハムストリングスのエクササイズ

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
086-238-9862

受付時間:9:30〜19:30
定休日:木曜・日曜

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せ

086-238-9862

<受付時間>9:30〜20:00

フォームは24時間受付中です。
お気軽にお問合せください。

新着情報・お知らせ

2023/06/14
「提携店舗 平井院」を更新しました
2023/06/14
「オーダーメイドインソール」を更新しました
2023/05/23
「シンスプリント」を更新しました

ジール整骨院 倉敷院

住所

〒710-0833
岡山県倉敷市西中新田621-4

アクセス

倉敷駅車10分、倉敷市役所すぐ
駐車場あり

受付時間

9:30〜19:30

定休日

木曜・日曜